top›炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエット

<広告>

<広告>

炭水化物とは、たんぱく質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつです。

たんぱく質と脂質は骨や細胞を形成し、身体の資本作りも兼ねるのに対して、炭水化物はそのほとんどが身体のエネルギー源として使われます。

身体のエネルギー源は主に炭水化物です。この炭水化物を消費すると身体は脂質をエネルギー源とします。 つまり身体がエネルギー源とする優先順位は脂質よりも炭水化物のほうが高いということです。

これが炭水化物ダイエットの狙いです。 炭水化物の摂取を抑えることで脂質が使われやすい身体となるのです。

炭水化物を減らして脂肪がエネルギー源となると、すい臓からグルカゴンという物質が分泌されます。グルカゴンとは、体内の余分な脂肪を分解しエネルギーとして燃やす働きをする体内ホルモンのことです。簡単に言うと脂肪が使われやすい身体になるわけです。

また、一度溜まった脂肪をエネルギーに変えるには、炭水化物をエネルギーにするよりおおくのカロリーを消費します。そのため基礎代謝がアップして効率の良いダイエット効果が期待できるのです。

しかし、炭水化物は全くとらなくても良いというわけではありません。栄養のバランスを崩せば、たとえダイエットに成功したとしても何にもなりません。ダイエットをするから健康になるわけではなく、健康のためにダイエットするべきなのです。

人間の脳は活動するために一日90gの炭水化物を必要としています。90gといえばご飯でいうとお茶碗2杯分の分量です。炭水化物は最低でもこのぐらいはとるようにましょう。

<広告>

リバウンドしないダイエットナビコラム
ダイエットなのに食べていいの? リバウンドしないの? ダイエットなのに食べていいの?> ストレス太りって?
運動はしたほうがいいの? 脳が食べるってどういうこと? ダイエットが成功した自分を思い浮かべる ストレス解消ダイエットまとめ
やせるダイエット食品コラム
黒酢ダイエット 豆乳ダイエット 黒豆ダイエット 碁石茶ダイエット
香醋ダイエット 羊肉(ラム肉)ダイエット ゴーヤ茶ダイエット エゴマ油ダイエット
凍り豆腐(こうや豆腐)ダイエット 寒天茶ダイエット 味噌汁ダイエット コーヒーダイエット
シソダイエット にがりダイエット チョコレートダイエット  
部分やせダイエットコラム
部分やせダイエットとは くびれ・おなかまわり 二の腕 おしり・ヒップ
かお ふともも ふくらはぎ  
体質改善ダイエットコラム
むくみ解消ダイエット 基礎代謝アップダイエット ヨガやせダイエット 炭水化物ダイエット
酸素欠乏症解消ダイエット 小腸デトックスダイエット 老廃物リセットダイエット  
サプリメントダイエットコラム
コエンザイムQ10ダイエット アルファリポ酸(aリポ酸)ダイエット L-カルニチンダイエット フォースリーンダイエット
キトサンダイエット ラズベリーダイエット ビール酵母ダイエット クロムダイエット
カプサイシンダイエット スピルリナダイエット ガルシニア・カンボジアダイエット サイリウムダイエット
ダイエット用語集コラム
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行      

<広告>

<広告>