top›コーヒーダイエット

コーヒーダイエット

<広告>

<広告>

今までコーヒーは身体に悪いとか、病気になる危険を高める、という考えが主流でした。しかし、最近の研究でそうでないことがわかりました。

コーヒーをたくさん飲む人ほど、生活習慣病である2型糖尿病を発症する人が少ないことも分かりました。コーヒーは糖尿病になる確率を、3割近くも低くしてくれるのです。

そしていよいよ肝心のダイエット効果なのですが、そもそも身体には白色脂肪細胞、褐色脂肪細胞が存在しています。 白色脂肪細胞は全身に存在し脂肪を溜め込む細胞です。

一方、褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞に溜め込まれた脂肪を燃焼させることで、体温を維持したり、内蔵を動かすのに必要なエネルギー、いわゆる基礎代謝を生み出す細胞です。 つまり、この褐色脂肪細胞が働いていないと、脂肪燃焼が滞り、代謝量が低下して太りやすい身体になってしまうのです。

実は年をとるにつれ、やせにくくなるひとつの原因もこの褐色脂肪細胞が加齢とともに減少し、働き自体が鈍くなってしまうからなのです。

つまり、この褐色脂肪細胞を活性化させることがダイエットには必要なのですが、コーヒーに含まれるカフェインという物質がこれを活性化させてくれるのです。

小腸から吸収されたカフェインは、血管を通り、視床下部にまで到達します。そしてカフェインは、交感神経を強く刺激し、ノルアドレナリンという脳内ホルモンが大量に分泌されます。

この物質は、白色・褐色両方の脂肪細胞を活性化させるスイッチとなっているため、脂肪燃焼が活発になるのです。 さらに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸も褐色細胞の機能を高めてくれます。

クロロゲン酸は小腸から吸収され、直接、褐色脂肪細胞に入ります。そして、クロロゲン酸は細胞内にある、脂肪を燃やす物質の量を増やし、褐色脂肪細胞の燃焼力をアップさせるのです。 このふたつの物質があるためコーヒーにはダイエット効果が期待できるのです。 ただし、飲み方を間違えると逆に太ることもあります。

コーヒーはブラックで温めてから飲むことが大切です。 なぜならせっかくダイエットとしてコーヒーを飲むのにお砂糖たっぷりではダイエットにならないからです。ブラックではどうしても飲みにくいという人はミルクだけいれてください。

なぜ温めて飲む必要があるのかというと、カフェインとクロロゲン酸は温めることでより抽出量が増えるからです。温度の目安として80~90度が理想の温度だといえます。摂取量の目安は1日5、6杯でしょうか。

<広告>

リバウンドしないダイエットナビコラム
ダイエットなのに食べていいの? リバウンドしないの? ダイエットなのに食べていいの?> ストレス太りって?
運動はしたほうがいいの? 脳が食べるってどういうこと? ダイエットが成功した自分を思い浮かべる ストレス解消ダイエットまとめ
やせるダイエット食品コラム
黒酢ダイエット 豆乳ダイエット 黒豆ダイエット 碁石茶ダイエット
香醋ダイエット 羊肉(ラム肉)ダイエット ゴーヤ茶ダイエット エゴマ油ダイエット
凍り豆腐(こうや豆腐)ダイエット 寒天茶ダイエット 味噌汁ダイエット コーヒーダイエット
シソダイエット にがりダイエット チョコレートダイエット  
部分やせダイエットコラム
部分やせダイエットとは くびれ・おなかまわり 二の腕 おしり・ヒップ
かお ふともも ふくらはぎ  
体質改善ダイエットコラム
むくみ解消ダイエット 基礎代謝アップダイエット ヨガやせダイエット 炭水化物ダイエット
酸素欠乏症解消ダイエット 小腸デトックスダイエット 老廃物リセットダイエット  
サプリメントダイエットコラム
コエンザイムQ10ダイエット アルファリポ酸(aリポ酸)ダイエット L-カルニチンダイエット フォースリーンダイエット
キトサンダイエット ラズベリーダイエット ビール酵母ダイエット クロムダイエット
カプサイシンダイエット スピルリナダイエット ガルシニア・カンボジアダイエット サイリウムダイエット
ダイエット用語集コラム
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行      

<広告>

<広告>