top›チョコレートダイエット

チョコレートダイエット

<広告>

<広告>

チョコレートでダイエットというとみなさんびっくりされるかもしれません。 普通ダイエットといえば甘いものを食べない、間食を控えるというイメージですよね。

ではなぜ、チョコレートでダイエットできるのでしょうか。 チョコレートの主成分はカカオからできています。

カカオとは西アフリカ、中南米、、東南アジアなどの熱帯地方に生成にある植物です。チョコレートに使われるカカオ豆はカカオの果実の中にある種子で、味は種類や産地、気候などによって異なるため、チョコレートメーカーはそれをブレンドながら、いろいろな味や種類のチョコレートを作っています。このカカオにダイエットの秘密があったのです。

カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。 カカオは、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、チョコレートに含まれるカカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています。食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇し、カカオ豆にのみ存在する成分テオブロミンのリラックス効果により空腹時にチョコレートを食べるとと食欲が抑えられます。 つまりチョコレートは食前にゆっくりと食べて、できるだけこのカカオの含有量が70%以上のチョコレートを選ぶことが大切です。

しかし、チョコレートは栄養素がたくさんあってもやはり高カロリーです。一日のチョコレートの摂取量は50gに抑えるようにしましょう。 50gとは板チョコで半分程度です。

チョコレートといえば、お菓子とかジャンクフードというイメージですが実際は優れた栄養総合食品です。ダイエットのほかにも集中力や記憶力を高める作用や、疲労回復効果、血圧の上昇を防いだり、動脈硬化の予防、ガンの予防、アレルギー対策、抗酸化作用といって老化の原因などになる活性酸素を除去する働き、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強める作用など様々な効果が期待できます。

<広告>

リバウンドしないダイエットナビコラム
ダイエットなのに食べていいの? リバウンドしないの? ダイエットなのに食べていいの?> ストレス太りって?
運動はしたほうがいいの? 脳が食べるってどういうこと? ダイエットが成功した自分を思い浮かべる ストレス解消ダイエットまとめ
やせるダイエット食品コラム
黒酢ダイエット 豆乳ダイエット 黒豆ダイエット 碁石茶ダイエット
香醋ダイエット 羊肉(ラム肉)ダイエット ゴーヤ茶ダイエット エゴマ油ダイエット
凍り豆腐(こうや豆腐)ダイエット 寒天茶ダイエット 味噌汁ダイエット コーヒーダイエット
シソダイエット にがりダイエット チョコレートダイエット  
部分やせダイエットコラム
部分やせダイエットとは くびれ・おなかまわり 二の腕 おしり・ヒップ
かお ふともも ふくらはぎ  
体質改善ダイエットコラム
むくみ解消ダイエット 基礎代謝アップダイエット ヨガやせダイエット 炭水化物ダイエット
酸素欠乏症解消ダイエット 小腸デトックスダイエット 老廃物リセットダイエット  
サプリメントダイエットコラム
コエンザイムQ10ダイエット アルファリポ酸(aリポ酸)ダイエット L-カルニチンダイエット フォースリーンダイエット
キトサンダイエット ラズベリーダイエット ビール酵母ダイエット クロムダイエット
カプサイシンダイエット スピルリナダイエット ガルシニア・カンボジアダイエット サイリウムダイエット
ダイエット用語集コラム
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行      

<広告>

<広告>